So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

大河ドラマ 真田丸まとめ +α  [月曜日の日記]

昨日から始まった「西郷どん」登場の方々に、元・土佐のあの方やら、江戸のあの方やら、懐かしい顔ぶれに嬉しくなりました。さらにはナレーションが元西郷さんとは……思えば、大河ドラマを続けて見るようになったのは「翔ぶが如く」の明治編からでした。
だから自分の中ではあの話が1番ですね…。


さてさて、遅くなり過ぎましたが、「真田丸」感想です。
見直してみたら、感想書いていたのって7話まで…ほとんど書いてない…。
予想に反して梅さんとは一緒になれてよかったと思ったのもつかの間早々と死に別れてしまうし、きりさんと一緒になるんだろうと思っていたら最後まで一緒にはならないし、いい意味で裏切られた。
お姉さんの松さんは、無事小山田さんと再会できて良かったー。このお姉さん夫婦が出てくると和んだ。小山田さんも敵方に居たりヒヤヒヤしたけど最後まで生き残っていたからホッとした。
上杉景勝さんがちょっと頼りない描き方で驚いたものの、直江さんとのコンビは絶妙。直江さんの声がすごくカッコよくて直江状を自ら読む演出はしびれた~。
あと見物だったのはやっぱり、大坂の陣かな。真田丸を作って徳川群を翻弄する様は痛快だった、毛利さんがいい役どころだった。
今回家康さんが敵方だったから、憎たらしく描かれること描かれること……。
五人衆、それぞれの役回りもよかった。作戦が通らないのは分かっていたとはいえヤキモキしたよ、関ヶ原の時もそうだけど、徳川方に流れが行っていたよね…。

信繁さんや淀殿、秀頼さんは仕方ないにしても、全滅するのが描かれなかったのもよかった。長宗我部さん、明石さん、毛利さんはどうなったのか気にはなるけれど、味方全員死亡という終わり方はあまりに切なすぎる……あ、信之さん生きてるから真田家は残ってるけどね。
nice!(0)  コメント(0) 

大河ドラマ おんな城主直虎 まとめ [月曜日の日記]

大変ご無沙汰をしておりました。
最終回見てからまとめなくちゃなーと思いつつ年を越してしまい、せめて新しいのが始まるまでに~と思っていたら当日になってしまいました、申し訳ないです。

偉そうですみませんが、総まとめで失礼します。


このお話は、途中まではホント、直虎さんに不幸がこれでもかと襲い掛かるし、周りは死にまくるし(小野さんの死は結構ショックだった、まさか死ぬとは思わなかった)最終的に直政さんが井伊家を相続するわけだから無くなるわけないと思っていたのに、1度滅亡するし…。でもその後は割と落ち着いて見られたかな、彼女が裏ボスの如く作戦を立てて成功するのが気持ちよかった。
…主人公が表舞台を去ってから落ち着くというのもどうかと思うけど(笑)

徳川家にはこれでもかと裏切られていたのに、よくまあ下に就いたよな~とも感心してます。どこまでがフィクションなのかこっちは分かってないけどね…。
今回の家康さんは、歴代の中では比較的頼りなくて、部下にも恵まれなくて(途中まで)お気の毒でした。演じられていた方、信西役の時から独特のセリフ回しが好きです。

今川家は、義元さんが討たれてからはもう滅亡だろうと思っていたのに、氏真さんは最後まで生き残っているし、散々井伊家に意地悪してきたけど、どうでもよくなったのは人柄なんだろうか…。瀬名さんの為にも一生懸命だったしね、そして築山殿。ああいう最期にするか…という感じ。彼女が死ぬのは変わらないわけだからどうするかと気にはなっていたけれど……うーん、本来あの流れなら助かる方へ行くのに、それを史実を曲げないために拒否するというのは何とも……。

直政、イヤ、万千代さんの癇癪ぶりには辟易したけれど、立場が落ち着くとともに大人しくなったのでよかった。最後戦場でちらっと出てきた時は久しぶりと思えたほどだった。そういえば草履番の後輩が本多さんだと知った時は驚いたなぁ。彼が出てくる時は大概腹心の部下になっているから、ああいう過去を持っていたとは知らなかった。

直虎さんの死には、鶴さん亀さんのみならず、龍雲丸さんも迎えに来ちゃうのは出来過ぎだとは思うけれど、これはこれでハッピーエンドなのかもしれない。



さて今晩から新しい大河ドラマが始まる。
感想が書きたくてたまらなくなるほど面白いことを願う…。
…あ、その前に「真田丸」まだ忘れていません、明日には書きたい…。
nice!(0)  コメント(0) 

大河ドラマ おんな城主直虎 [月曜日の日記]

ご無沙汰しておりました。こちらに来られる時間が減りましたが、来られる限りは感想を書きたいです。
「真田丸」の簡単な感想も後程書きたいとは思っています。(…忘れないうちに)
とりあえず、今回はこちら


第11回 さらば、愛しき人よ  日曜夜8時からNHK
今回の大河は、タイトルからして、女性が城主になるからにはその他にはいなかったということなので、誰が出てこようとも死んでしまうのだろうなと思うと、切なかった。
そういう意味で、この前生まれた嫡男は、のちの直政さんだと知ってホッとした。
やっとこの人は死なない、と思える人が出てきたってね。

前回助けた瀬名さんも、のちの築山殿だと思うと何とも……あの事件、今までの大河だと彼女が悪役なのが多いけど、今回は誤解で通すのかもしれない、それはそれで切ないけどね。


直親さん、これでもかってぐらい良い人だった…文武両道、性格良し
分かっていても、あの最期はとても辛い…。
最後の次郎さんとの会話で流れていた歌が頭の中から離れない。
nice!(0)  コメント(0) 

大河ドラマ 真田丸・7 [月曜日の日記]

第7回 奪回  日曜夜8時からNHK
人質救出失敗…残念
上手く行きそうだったんだけどなぁ
イヤ、それよりも、何もしなければ、普通に帰って来るハズだったのにね
裏目裏目に出ているョ

まあとりあえず、お祖母さんのおかげで、最悪の事態は免れたのかな
大丈夫とは言っても、何が起こるのか分からないのが、戦国時代
お祖母さんも、無事に戻って来れるように…。
nice!(1)  コメント(0) 

大河ドラマ・6 [月曜日の日記]

第6回 迷走  日曜夜8時からNHK
あの隠し通路、城下に続いていればよかったのにね
城下だったら、逆にあの大人数、何とか誤魔化せたかもしれない
それにしてもお姉さん、あそこで飛び降りるのは、無謀もイイトコロ
誰もいないならともかく、信繁さん達が近くまで来ていたのにィィィ
記憶喪失っぽいけど、生きていたのはよかった(どうして助かったのかは不思議)
これであとは、お義兄さんと何とか再会して欲しい
この際、信繁さん達とは会えなくてもさ
…逆パターンの方が確率高いけど。

お梅さんがいい娘だ
癒される~
彼女と一緒になれればいいのに…身分的に無理なんだろうな…残念。
nice!(1)  コメント(0) 

大河ドラマ・5 [月曜日の日記]

第5回 窮地  日曜夜8時からNHK
本能寺の変後の状況を、関係者以外から見るのは珍しいかも
やっぱり、同盟組んでいた家康さんやら、直接の部下だった秀吉さんには
情報がいち早く行っただろうしね
そういう意味で、関係者以外は人の噂でしか知ることが出来なくて右往左往するんだろうな
ちなみに、信忠さんの最期が描かれていたのも珍しい  ああ、彼が生きていれば…。

しかしだ、一刻も早く逃げなくちゃいけない家康さん
必要以上にコミカルに描かれていた。  はっきり言って、緊張感のカケラもない、わはは
途中で別れた梅雪さんは、まさかあのまま…だとは思わなかった  さよーならー


今回の昌幸さん親子は、仲良し(?)でヨカッタ
ただまあ、あのお父さんの場合、どこまでが本音なのか分からないけどね
すっかり疑い深くなってるョ(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

大河ドラマ 真田丸・2、3、4 [月曜日の日記]

大変遅くなりましたが、感想です。
第2話 決断  17日・日曜夜8時からNHK
信繁さん達の逃避行(ちょっと違う)は、本来緊迫しているハズなのに、何故かコミカル(笑)
大体、周り中敵だらけなのに、お母さん徒歩って何ってカンジ わはは
どう考えても女性陣は駕籠でしょ
足手まといもイイトコロ
まあ、いよいよという時に、お父さん助けに来てくれたから良かったけどさ

勝頼さんの最期は、可哀想だった
部下に恵まれなかった
新参者(父の代からの部下だもんね、勘助さんとのやり取りが思い出される)であろうと
昌幸さんの事、信じればよかったのになぁ
ちょっと見る目がなかったね



第3話 策略  24日・上と同じ
信幸さんが不憫
生真面目な人だからなぁ
海千山千(?)のお父さんにいいように利用されてる
ところで彼は、どうしてお祖母さんに無視されているんだろう
そのうち理由も出て来るんだろうか

お義兄さんの小山田さん、生きていてヨカッター
てっきりお父さんと一緒に処刑されちゃったかと思ったョ
お姉さん夫婦の会話は和むわ~いい意味でのバカップル♡
ところで、この方、始め名前見た時(OP)から、アレ?と思っていたんだけど
声も違って聞こえたし、前にテレビで姿を見た時と雰囲気も違ったので同姓同名かと思った
そしたらまあ、やっぱり、声優さんだったのか
元太くんやら高木刑事、人形劇のポルトスにワトソン、オビトさんに、ベラミー
高木刑事の声が地に近いかと勝手に思っていたんだけど、違ったんだ
声優さんって、やっぱりスゴイ
最後まで生きていて欲しいなぁ



第4話 挑戦  31日・上と同じ
昌幸さんに、家康さん、そして本多さん、滝川さん
皆サン、存在感がハンパなくて
1番身分が高いハズの信忠さん、貫録負け(失礼)…ガンバレ、嫡男!
やっと出て来た信長さんは、本日限りで本能寺
天正10年、と字幕が出るたびにドキドキしていたけど
6月1日、と出た時が最高潮だョ
何でこの日に、わざわざいるかなぁ…信繁さん
まあ、主人公の宿命みたいなもんだね(笑)…大事件の時にはいなくてはいけないという

そして、今回も信幸さん、不憫
お義兄さん護るためとはいえ、皆してヒドイヤ
nice!(1)  コメント(0) 

大河ドラマ 真田丸・1  +昨年のまとめ? [月曜日の日記]

年頭のご挨拶が遅れました。
今年もよろしくお願いいたします。


第1回 船出  日曜夜8時からNHK
出だしは、まずまず(偉そうで失礼)
笑いもあるし(噴火、タイミング良すぎ)
やっぱり、歴史が、大河が、好きな人に書いてもらいたいよね、うんうん
そして、「新選組!」の時から配役が絶妙だから、楽しみー♪
思わぬ人が思わぬ役で出て来るんだろうな ふふふ
個人的には、母親役があの人だったのが、ツボだった
家定さんの時以来だね  何気に母子関係雰囲気も似てるかも?




さて、昨年の「花燃ゆ」、途中からお休みした形になってしまい、失礼シマシタ。
イヤイヤ…だって、見ていて腹立たしいばかりなんだもん
見たいのは、歴史物語であって、主人公へのワザとらしい持ち上げや、しょーもない人間関係
は見たくない。
とはいえ、一応最後まで見たことは見ましたがね
大変失礼とは思うけれど、あれは、私の中ではワースト1の作品と言い切ってしまうョ

…まあ、幕末の話の中で、長州藩が1番のひいきで
とても、とーーーっても、期待してしまったのが悪かったかもしれないけどね
数年後、長州藩の誰かを主人公にした話、やってくれないかなぁ
それを強く願ってます!
nice!(0)  コメント(0) 

年末のご挨拶

・・・
・・・
・・・スミマセン

年内中に、大河とジャンプ、書きたかったけど、無理でした[あせあせ(飛び散る汗)]
(「疾風伝」はもう見てもいない…早く本編戻ってくれィ)
やめる予定はまだないので、気長に待っていただけると幸いです。


良いお年をお迎えくださいませ

nice!(0)  コメント(0) 

ドラゴンボール超 [日曜日の日記]

20話 ジャコからの警告!迫り来るフリーザと1000人の兵士達!  日曜朝9時からフジテレビ
OPに出ていたから、いつかは出て来ると思ったけど
ジャコ、キター♪
コレ、ジャンプ本誌の集中連載、見てないと分からないよね
ブルマとの関係、説明なし?
実は周知の事実なんだろうか(笑)

前回、フリーザ様復活の時、隊長の姿が…
カエルのままだけど、ご無事で何より✧
nice!(0)  コメント(1) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。